ランキングGOD

「武器としての交渉思考」
ランキング推移

武器としての交渉思考

瀧本哲史

リリース日 : 2013/08/30

★巻末に著者本人によるここだけでしか聞けない交渉論の講義を特典として収録!★ audiobook.jpでしか聴けない著者・瀧本哲史氏自身による交渉論の講義、 「武器としての交渉塾 ~もしあの人が、交渉という武器を手に入れたら~」を収録! シリーズ合計45万部を突破! 若い読者を中心に絶大な支持を得る「武器」シリーズ最新作が、いよいよaudiobook.jpで配信開始! 京大最強授業を開講する若手人気教官が「決断思考」の次に配る武器は「交渉思考」。 この閉塞した世の中を動かすための仲間を、「交渉」によって手に入れ、目標に到達するための方法を徹底解説します。 本作品の著者は、2012年ビジネス書大賞を受賞した『僕は君たちに武器を配りたい』、 および25万部突破のベストセラー『武器としての決断思考』を世に送り送りだした瀧本哲史氏。 そんな瀧本氏が京都大学客員准教授として担当する授業のひとつが「交渉論」です。 交渉は、若者が世の中を動かすための必須スキルです。 ビジネスから日常の些細なことに至るまで、私たちは常に周りの人と交渉しながら生活しています。 つまり、2人以上の人間が集まったら、必ず交渉の必要が出てくるのです。 しかも、瀧本氏によれば、これからの仕事で生き残っていけるのは、交渉をともなう種類の仕事だけ。 なぜならば、交渉こそが「どんな高性能のコンピュータでも代替できない仕事」だからです。 交渉思考は、代替不可能な価値の高い人材になるためには、不可欠な思考法といえるでしょう。 このオーディオブックでは、共に戦う同志や支援者を見つけるために必要な「人を動かすための思考法」として、 交渉の考え方を学ぶことができます。 交渉はゲームでも、勝負でもなく、コミュニケーションです。 ゴールは自分も相手も合意できること。 では、どうすれば落とし所を見つけられるのでしょうか? 基本となるのは「相手の立場を理解する」「自分が話すよりも、相手の言い分を聞く」ということ。 本書では、この基本姿勢をまず抑えた上で、BATNA(複数の選択肢)を持つ、ZOPA(合意できる範囲)を把握する、 アンカリングや譲歩を有効に使う、などの役立つ"戦術"を一つ一つ授けていきます。 そして本書には、泣き落とし…

ランキング推移