ランキングGOD

「僕は君たちに武器を配りたい」
ランキング推移

僕は君たちに武器を配りたい

瀧本哲史

リリース日 : 2012/06/25

◆◇ 2012年ビジネス書大賞 大賞受賞作品 ◇◆

出版からわずか8か月で10万部を突破した、2012年ビジネス書大賞受賞のベストセラーが、ついにaudiobook.jpでオーディオブック化!
あなたも迷わず本書を聴いて、サバイバル時代の生き抜くための「武器」、身につけてください。

大いなる夢や野望を持ち、今を生きる若い世代のために贈る超話題作。
京大NO.1若手人気教官・瀧本哲史氏が配る、生き残るための「武器」とは?

本書の著者は、東京大学法学部、マッキンゼーなどを経て、
現在は京都大学客員准教授、そしてエンジェル投資家として活動する瀧本哲史氏。
京大では「意思決定論」「起業論」「交渉論」を担当し、教室から人が溢れるほどの人気講義となっています。

就職難やブラック企業がはびこる厳しい社会の中、若い世代が、
付加価値の高いスペシャルな人材になるにはどうしたらよいのでしょうか。

このオーディオブックでは、その指針について過去、現実そして未来の流れを的確に掴みながら、
非常に明快な論議が展開されています。

21世紀、日本は、本格的な資本主義の潮流にますます呑みこまれていきます。
急速なグローバル化や技術革新によって、かつて高い付加価値を持っていた要素も
代替可能な“コモデティ”となり、一気に価値を失ってきています。

つまり、会計、英語、ITなど、「かつて身につけるだけで高給を得られたスキル」も、
単体では価値を失う「奴隷の道具」となってしまう、という事態が起こっているのです。

では、どのような要素を持てばコモディティではない、スペシャリティを持った人材になれるのでしょう。

本オーディオブックでは、資本主義で稼ぐことができる人材を6タイプに分け、
そのうちモノ移動させて売ることができる“トレーダー”と
自分の専門性のもと高いスキルで仕事をする“エキスパート”は価値を失っていくと述べています。

そして、これから価値を高めていく“マーケタ…

ランキング推移