ランキングGOD

「誤解だらけの介護職 (週刊東洋経済eビジネス新書No.88)」
ランキング推移

誤解だらけの介護職 (週刊東洋経済eビジネス新書No.88)

週刊東洋経済編集部

リリース日 : 2019/03/20

℗ © 2019 Audible Studios

本タイトルには付属資料が用意されています。
ご購入後、PC上でAudibleのホームページを開き、「ライブラリー」をご確認ください。
※Windows10端末をご利用のお客様は、アプリ上で直接ご覧いただけます。

きつい、汚い、給料が低い、離職率が高い…。介護職にはこうしたイメージが付きまとう。だが、その多くは“誤解”だ。若い職員が生き生きと働き、利用者の笑顔が絶えない職場が少なからずある。なかなか心を開かない利用者と関係を築こうと試行錯誤を繰り返したり、おむつをつけずトイレに誘導する取り組みを進めていたりと、その仕事内容は実にクリエーティブだ。
現在、日本の介護職員の数は約150万人。団塊世代が一斉に75歳以上となる2025年には、介護保険の利用者数は現在の約1.5倍にまで増え、そのときに必要とされる介護職員は237万~249万人と推計されている。人材確保が今以上に差し迫った状況になる。
さまざまなイノベーションが起こりつつある介護の現場に迫った。
本誌は『週刊東洋経済』2014年5月17日号掲載の28ページ分を電子化したものです。

ランキング推移