ランキングGOD

「源氏物語(五) 若紫(わかむらさき)」
ランキング推移

源氏物語(五) 若紫(わかむらさき)

与謝野晶子 & 紫式部

リリース日 : 2015/06/11

℗ © 2015 パンローリング株式会社

与謝野晶子による現代語訳を朗読しオーディオ化しました。多様な人物たちの織り成す複雑な心理描写を、分かりやすく情感豊かに読み上げました。またそれぞれの帖の冒頭では翻訳者の与謝野晶子が、その帖の内容を一首の歌にして見事に表現しています。源氏物語は、紫式部によって書かれた全五十四帖から成る長編小説。期間にして74年、四代の天皇の御代に渡る壮大な物語であり、その文章の構成や美しさ、人物の心理描写の面などからも、日本の文学史上最古にして最高傑作とも言われています。源氏物語 第五帖 若紫(わかむらさき) -病に悩まされていた源氏は、治療のために北山を訪れた際、思いを寄せる藤壺の宮によく似た少女を垣間見る。少女が藤壺の宮の姪であることを知った源氏は、少女の祖母の尼君に結婚を前提に後見を申し出るが、その幼さゆえに断られる。病が回復した源氏は帰京した。正妻の葵の上に冷たい態度に満足しない源氏は、しきりに北山と文を通わせる。また、この頃に病のために里帰りしていた藤壺の宮と再会し、一度の逢瀬で子どもを宿してしまう。北山では、少女の祖母の尼君が他界し、父の兵部卿宮が少女を引き取りに来ることになった。それを知った源氏は、先んじて少女を二条院に連れ帰り、理想の女性に育てようと考えるのであった。

ランキング推移