ランキングGOD

「源氏物語(十二) 須磨(すま)」
ランキング推移

源氏物語(十二) 須磨(すま)

与謝野晶子 & 紫式部

リリース日 : 2015/07/13

℗ © 2015 パンローリング株式会社

多様な人物たちの織り成す複雑な心理描写を、分かりやすく情感豊かに読み上げました。またそれぞれの帖の冒頭では翻訳者の与謝野晶子が、その帖の内容を一首の歌にして見事に表現しています。源氏物語は、紫式部によって書かれた全五十四帖から成る長編小説。期間にして74年、四代の天皇の御代に渡る壮大な物語であり、その文章の構成や美しさ、人物の心理描写の面などからも、日本の文学史上最古にして最高傑作とも言われています。源氏物語 第十二帖 須磨(すま) -右大臣家の権勢の下、追い詰められた源氏は東宮の安全を守るためにも、自ら須磨へと退去することを決意した。左大臣家や親しい者に別れを告げ、紫の上には全財産を託した。須磨の侘しい生活の中で、源氏は都の親しい人々と便りを交わすことによって、わずかな慰めとしていた。そんななか、源氏の母である桐壺更衣の従兄弟にあたる明石の入道が、源氏の須磨にいる噂を聞きつけ、娘を源氏に奉りたいと願う。また都からは、今は宰相となっている頭中将が訪ねてきて、再会を喜びながら一日を過ごした。三月一日の巳の日、開運の祓いを行っていたとき、突然に激しい嵐に襲われた。恐ろしくなった源氏は、これ以上の須磨での滞在には堪えられないと思うようになった。

ランキング推移